Archive for the ‘引越し’ Category

Posted on 5月 29th, 2012 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

賃貸物件探しの際に・・・

私の親友がこの春の人事異動で東京に引っ越しをすることになりました。
親友の家族は本人と奥さん、そして男の子と女の子の2人の合せて4人家族・・・そしてワンちゃんが一匹いるわけです。
人事異動が発表されて東京で賃貸物件を探さなければならなかった時にワンちゃんは実家に預ける方向性で考えていたそうです。
しかし二人のお子さんがどうしても連れて行くと泣かれたそうで、仕方なくつれてて行くことにしたそうです。しかし困ったのは賃貸物件探しだそうです。
初めは3LDKぐらいの賃貸アパートを探そうと考えていたそうですが、外犬を連れていくとなると早々賃貸物件が見つかるものではなかったそうです。
外犬を買うためには庭がある戸建てタイプの借家物件かペット可のテラスハウスを探さなければいけません。
しかしそんなに庭付きのペット可の借家物件数が多いわけでもないので、複数の不動産会社に電話をして物件を探してもらったそうです。
複数の不動産会社に依頼することに抵抗がある方もいるかもしれませんが、独自の物件などを持っている会社もああるので、特に条件付きや急ぎの場合は出来るだけ情報が多く取れるようにするための一つの手です。
複数の不動産会社の一つ、賜典株式会社と言う不動産会社が運よくこの春に前の入居者が退去する物件の情報をくれたそうです。
そしてこの春に無事に東京都の品川区に引っ越しをしたそうですが、期限付きの人事異動のため、地元に戻ってきたら今度こそ自分の持ち家を新築の注文住宅で建てたいと語っていました。

Posted on 8月 13th, 2010 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

入居までの流れ

今回は賃貸物件を探して契約して入居するまでの全体の流れを把握しておきましょう。
全体の流れを知っておくことで、どの時期に何をするのかが明確になり、無駄なくに行動することができます。
まずは希望条件の整理・・・入居したい時期や住みたい地域、広さや間取りなど、どんな住まいに住みたいのかを整理します。
予算を決める・・・希望の住まいを借りるための家賃の相場を調べ、毎月支払うことのできる賃料を確認し、予算の目安を立てましょう。
物件を探す・・・インターネット検索や、不動産情報誌などから物件情報を集め、希望条件に合う物件を探します。
また不動産会社に希望条件を伝え、物件探しを依頼して紹介をしてもらう。
物件の見学・・・気に入った物件が見つかったら、物件紹介してくれた不動産会社に依頼してその物件を見に行きましょう。
希望の物件が見つかるまで物件見学を繰り返し、希望の住まいを探すことになります。
入居の申し込み・・・不動産、特に賃貸物件は動きが活発なの気に入ったら迷わず申し込みをしましょう
。申し込みは基本的に書面で行います。
契約前の準備・・・通常、不動産会社または貸主は入居申込者の入居審査を行います。
審査の結果、入居できる場合に物件の説明を受けるとともに、契約条件を確認します。
重要事項の説明を受ける・・・不動産会社から物件や契約条件の等に関する重要事項の説明を受けます。
契約を結び入居する・・・物件や契約条件を確認し、必要な書類や費用が整ったら、賃貸借契約を結び、鍵の受け渡しなどが行われます。
鍵を受け取ったら、家財の搬入前に室内を点検して、現況を確認しましょう。
もし仮に室内の痛みや気になる点があれば即不動産会社に連絡をしましょう。

Posted on 7月 25th, 2010 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

物件を下見しよう!

物件の情報をインターネットや賃貸情報誌で集めて気に入った物件がみつかったらその物件の周辺状況を自分でチェックしてみましょう。
なぜかと言うと集めた情報は文字情報と写真や画像でしかないからです。
インターネットや賃貸情報誌の物件情報には80mを1分として駅までの所要時間を表示しています。
しかし坂道等は考慮していませんし、人により歩く速さは違いますので、実際に歩いてみることをお勧めします。
物件を下見する時はできるだけ住宅物件の周辺を実際に歩いて、自分の目で環境をチェックしてみてください。
特に重要なのは、騒音や悪臭のチェックと必要な生活関連施設の調査です。
騒音のチェックは念を入れて行った方が良いでしょう。
駅周辺や駅までの間にスーパーや銀行、病院など生活関連施設があるかもチェックしておくのが良いでしょう。
騒音については、平日は、近隣の工場や学校が出す騒音がうるさいが、週末は静かということもあります。
また昼間は静かでも、夕方になると交通量の関係で騒音が響くこともあります。
できれば物件に入居を決める前に、昼と夜、平日と週末のように2回以上は現地でチェックした方が良いと思います。
同様に、悪臭もチェックしましょう。
例えば、物件の近くの川から悪臭がするというケースもあります。
こうした物件の周辺環境は、インターネットや賃貸情報ではわからないため入居してはじめて判明することが多いのですが、
入居してから後悔しないためにも十分にチェックするべきです

Posted on 6月 18th, 2010 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

賃貸物件の情報収集

物件の情報を収集する際に気をつけておきたい事があります。
賃貸物件は、入居者募集をしてから入居者が決まるまでの時間が短いという特徴があります。
特に、毎年1月~3月の賃貸引越しシーズンの場合は早いものでは1~2週間で入居者が決まると言われています。
インターネットや賃貸情報誌で見た物件が既になくなっているケースもよくあります。
またおとり広告には要注意しましょう。
おとり広告とは、実際には存在しない物件を広告に出すことです。
これは消費者をお店に誘引することを目的にした架空の広告ですから、付近の家賃相場よりも格安の物件として広告することが多いようです。
おとり広告は法律違反ですから、本来あってはならないものです。
場合によっては、本当に相場よりも格安の物件が出る場合もありますがそれは何かしらの理由があって家賃を格安にしている場合等もあるので
賃貸情報誌を見て賃貸物件を探す時には十分な注意をしてください。
賃貸情報誌は、賃貸物件を探すとき手軽に利用できるものですが、
物件の掲載スペースなどの関係でその物件に関するすべての情報項目を掲載することができていない事があります。
例えば、2年に1度の契約更新の際に支払う更新料は掲載されていなかったり、
また不動産会社に支払う仲介手数料の金額も掲載されていなかったりします。
また家賃の金額と物件所在の地域だけ掲載して間取りさえも載っていない場合もあります。
こうした情報項目は実際に不動産会社を訪問した際に、自分でチェックする必要があります。

Posted on 4月 10th, 2010 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

賃貸物件

住まい探しをする前に物件の種類を知っておきましょう。
アパートとは、2階建てで、木造や軽量鉄骨構造の物件の事を言います。
マンションとは、一般的に、3階建て以上で鉄筋コンクリート構造の物件のことを言います。
家賃の相場から見ると、アパートはマンションよりも2割程度安いと言えます。
しかし、建物の構造が違うのでアパートは、マンションよりも防音性が劣るのが欠点です。
同じ道路沿いの物件で騒音が気になる場合はアパートよりマンションを選ぶ方がよいでしょう。
なお、最近では、2階建ての物件でも、コンクリート構造の物件が建てられるようになってきました。
この場合はマンションに近い防音性があります。
もう一度軽くおさらいしましょう。
マンションとは一般的に、3階以上で構造が鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の建物のこと。
アパートとは一般的に、2階建て以下で構造が木造や軽量鉄骨造の建物のこと。
ハイツとはアパートの呼称として使用される場合が多い。
特にプレハブ2階建て共同住宅を指していることもあります。
コーポとはハイツと同じで特に軽量鉄骨造の2階建て共同住宅を指すこともあります。
物件の相場として駅の周辺は生活が便利であり、しかも土地の価格が高いので、必然的に家賃も高くなります。
駅から徒歩10分以内は家賃相場が高いのが普通です。
駅から徒歩15分を超えると安くなります。
また、駅から徒歩20分を超えると交通が不便な分だけ、家賃相場はかなり安くなる事が多いようです。

Posted on 2月 17th, 2010 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

管理費や共益費

賃貸住宅を借りるとき、家賃のほかに管理費を毎月支払うことになります。
管理費とは、建物の清掃などの維持管理に必要な費用のことです。
管理費の金額は賃貸住宅の広告に記載されています。
管理費は共益費など他の名称で呼ばれることがあります。
賃貸マンション等で共用スペースやエレベーターの保守管理代として支払うものです。
また物件によっては毎月の賃料に含んでいるケースもあります。
賃貸住宅の駐車場を使用するには駐車場料金を毎月支払う場合が多く、地域によっては、物件とは別に駐車場に対しての敷金を預ける場合もあります。
車を保有している場合は、駐車場料金が毎月いくらかかるのかをチェックしておきましょう。
駐車場がない物件もあるのでその場合は近隣の月極駐車場も探しておきましょう。
賃貸住宅は2年契約になっている事が多く2年に1度契約を更新するのが一般的です。
契約を更新する際には、家賃の0.5ヶ月~1ヶ月の更新料を支払うケースが多いようです。
更新料とは、契約の更新の際に家主に支払う金銭であり、部屋から退去しても入居者には戻ってきません。
更新料の金額は、賃貸住宅の広告には書かれていないことが多いので、賃貸借契約を結ぶ前に不動産会社に確認しましょう。
また損害保険料も2年に1度契約を更新する際に改めて加入しなおさなければいけないので更新毎に支払うことになります。

Posted on 1月 20th, 2010 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

前家賃と引っ越し費用

前家賃とは入居を開始する月の家賃のことです。
例えば、1月に契約を済ませて、2月1日から入居を開始する場合に契約の時点で9月分の家賃を前もって支払います。
月の途中から入居する場合は、前家賃として、その月の家賃を入居する日から月末までの日割り家賃で計算した金額と翌月分の家賃を、一緒に支払うことが多いようです。
この場合、前家賃は1ヶ月を超えるという事を覚えておいてください。
賃貸住宅に入居する場合、ほとんどのケースで損害保険料を入居者が自分のお金で損害保険や共済などに加入することになっています。
この費用は1~2万円程度で、加入手続きは不動産会社が代行してくれます。
また保険に支払う費用を選べるケースがありますが、払う費用によって万が一の場合に支払われる保証金額に差が出てくるのでわからない場合は不動産会社によく説明を聞きましょう。
考えておくべき金額としてこのほかに引越し費用があります賃貸住宅に入居するとき、意外にかかるのが引越し費用です。
この金額は、部屋の広さ、荷物の量、引っ越し前の場所から新しく引越しする場所への移動距離などによって違ってきます。
また、引越し会社によっても開きがあります。
できるなら複数の引越し業者に見積もり金額を出させて競争させましょう。
まぁほとんどの場合で引越し業界で最大手のあの業者が買っちゃうんですけどね。
後は金額とサービスの内容次第で決めましょう。

Posted on 12月 11th, 2009 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

不動産会社

住みたいエリアがはっきりと決まっている場合は、その最寄り駅周辺の不動産会社を訪ねてみるのが良いでしょう。環境面の情報も得られるはずです。
ひとつ気をつけたいのはひとくくりに不動産会社と言っても賃貸に力を入れている不動産会社と売買に力を入れている不動産会社があります。
賃貸系ののぼりを建てている不動産会社を探して尋ねましょう。
一方、通勤や通学など沿線から探す場合は、インターネットで検索し、その沿線にある物件を多く取り扱っている不動産会社を訪ねてみましょう。
広いエリアから希望条件にあった物件を見つけてくれるでしょう。
ここで不動産会社の業務の違いを知っておきましょう賃貸物件を扱う不動産会社の業務は、大きく2種類に分かれます。
1つが賃貸管理業務です。
家主からその賃貸物件の管理を依頼され、家主に代わって建物を維持するための管理や家賃集金等の業務を行います。
直接入居者募集の業務を行う不動産会社もあります。
管理会社の場合、家主から依頼を受け、入居者募集を行っているため、その物件の入居者選定や賃料設定等に関してある程度の権限を持っていたり、家主と相談する立場にあるので、折衝事が得意な人には自分の希望が反映される可能性があります。

Posted on 11月 17th, 2009 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

敷金や仲介手数料

引越しするにはお金がかかりますよね。
どんなところにお金がかかるかをしっかり押さえておかないといけませんね。
敷金とは賃貸住宅に入居するとき、家主に対して預けておく金銭です。
敷金はあくまでも預けておく金銭ですから、退去するときには原則的に戻ってきます。
ただし、家賃を滞納している場合や、入居者の負担で部屋を補修する必要がある場合には、その金額が敷金から差し引かれることになります。
敷金の額はおよそ家賃の2~3ヶ月です。
なお、一部地域では家主に預け入れた敷金の一部を退去時に償却する敷引と呼ばれる制度を採用している場合もあります。
仲介手数料ゼロという物件もあります。
賃貸住宅の広告に取引態様という欄があります。
この欄には「媒介・代理・貸主」という3つの言葉のどれか1つが書かれています。
この取引態様の欄に媒介または代理と書かれている場合は、その広告を出している不動産会社がその物件を仲介しています。
したがって入居者はその不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。
しかし、取引態様の欄に貸主と書かれている場合は、その不動産会社が自社所有物件を貸すという意味です。
つまり、入居者は貸主と直接契約することになるので、仲介手数料は一切不要、ということです。

Posted on 10月 25th, 2009 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

お引越しをされる方へ

一人暮らしを始める方や転勤などでお引越しをする方たちのお役に少しでも立てればと思いサイトを始めました!
賃貸住宅に入居するにはだいたいで家賃の6ヶ月分の必要ですよ。
その内訳は礼金が2ヶ月、敷金が2ヶ月、仲介手数料が1.05ヶ月、前家賃が1ヶ月です。
礼金や仲介手数料が不要の物件もあるからだいたい6ヶ月という感じで考えておいてください。
その他引越し費用や家具等の購入費用も含めると、実際にかかる費用は6ヶ月分より多くなるかも・・・。
まあだいたいそれぐらいの費用は用意しておいた方が良いって話です。
余裕を持って予算を考えておきましょう!
※仲介手数料の1.05ヶ月というのは消費税が含まれてます。
まずは基本的な用語からいきましょうか。
礼金とは賃貸住宅に入居する時に家主に対して支払うのものです。
礼金は賃貸住宅から退去しても戻ってきません。
礼金の額は借りる物件によって違いますが、およそ家賃の1~2ヶ月が相場でしょう。
礼金を支払うのは、賃貸借契約を正式にむすぶ時です。
物件探しや入居申込の時点では、礼金を支払う必要はありません。
ただし入居申し込みの時は申し込み金として一万円ほど預ける場合もあります。
この一万円は初期費用に充当されます。
礼金ゼロの物件と言うのを聞いた事がありますよね。
最近では礼金が不要な物件も増えてきました。
礼金ゼロの物件の多くは、特定優良賃貸住宅の融資等で建設された物件です。
この融資を受けた物件では、家主が入居者から礼金や更新料を受け取ることができないからです。
また家主が自主的に礼金をゼロにしている物件もあります。
それではまた!