Archive for 3月, 2011

Posted on 3月 31st, 2011 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

連帯保証人

アパートやマンションなどの賃貸物件を借りるときに「連帯保証人」が必要になります。
連帯保証人とは入居者が不動産会社または賃貸物件の大家さんに対して賃貸料の未払いや部屋の設備を壊してしまったなどの損害が発生した場合に、
入居者本人が返済できない場合に変わりに確実に返済ができる人を立てたなければいけません。
連帯保証人になれるのは基本的に両親や兄弟姉妹で、友人や知人は連帯保証にとして認めてもらえない場合があるので気をつけなければいけません。
また連帯保証人になる人は返済能力があることが必須となるためたとえ親兄弟であっても返済能力がないと判断されれば連帯保証人になれない場合もあります。
また賃貸物件への申し込み・契約時に入居者以外にも連帯保証人に関する書類が必要となります。
印鑑証明・収入証明などです。不動産会社や賃貸物件によっても必要なモノが異なるので、
仲介する不動産会社に必要な物が何かということといつまでに用意しなければいけないのかを確認しておきましょう。
しかし、人によっては連帯保証人になってもらえる親族もいないという方もいらっしゃると思います。。
最近では連帯保証人を立てなくても賃貸保証会社が保証人の代わりになる場合や、クレジットカード会社の審査を受け、
毎月クレジットカード会社に賃貸料と家賃の数パーセントを支払うことで連帯保証人不要のシステムを導入している不動産会社や賃貸物件の場合もあります。
連帯保証人について不安がある方は不動産会社に確認をしておきましょう。

Posted on 3月 19th, 2011 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

申し込みと入居審査

賃貸アパートや賃貸マンションなどの不動産物件を探して、いくつかの賃貸物件を見た中で良いと思える物件を見つけたら申し込みをすることのなります。
紹介や案内をしてもらった不動産会社に申し込みを行うわけですが、申し込みをすればすぐに賃貸物件を借りられるというわけではありません。
入居の申込みをすると入居審査が行われることが大半です。不動産会社や賃貸物件により違いがありますが必ず入居審査がおこなれます。
入居審査は賃貸物件をオーナーさんから預かっている不動産会社やまたオーナーさんが子の人に物件を貸しても大丈夫か、
しっかりと月々の家賃を支払ってくれるか、また万が一の場合に本人の代わりに責任を取ってもらえる保証人がいるかどうかなどを確認されるわけです。
また審査時には年収や緊急の連絡先や勤め先などを確認されます。
最近では家族や親類に保証人になってもらわずに家賃保証会社が保証人となる場合もあります。
そのため様々な質問をされたり書類を提出したりすることになります。
また審査に一週間前後時間がかかることもあります。
審査が通ってから契約ということになるので賃貸物件に入居するまでに早くても2~3週間は時間がかかるものとして引っ越しの時期などを考えるようにしましょう。
いくら商売と言えども賃貸住宅はオーナーさんの財産になるものなので大事に使ってもらえるか、
周辺に迷惑をかけるような人ではないかということを気にかけているオーナーさんもいるので
借りる側としても申し込みをしてから契約、また入居してからも誠実な対応を心掛けましょう。