Archive for 6月, 2012

Posted on 6月 24th, 2012 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

賃貸住宅に求めるもの

  賃貸住宅は他人が所有する物件であるため、借り手の自由度が低いというイメージがついてまわります。
 自由に住まいたいのであれば住宅を取得するしかないと考えてしまいがちですが、最近は必ずしもそうとは限らないようです。
 昔からよくあるタイプの賃貸住宅、特に共同住宅においてはある程度型にはまった無難な間取りが採用されています。持ち家に使用されている建材や建具よりもずいぶんと安価な素材を使用し施工されているという印象のものが主流でした。ましてや築年数が経っている物件はそれなりに外観と内装に劣化が進み、全体的に暗いイメージさえ与えがちになってしまいます。
 この状態では、なかなか借り手が付かなくなるだけでなく、居住者が減ることで管理側のメンテナンスも等閑となり、更なる老朽化が進んでいくという悪循環に陥ってしまいます。
 借り手側からすれば、よりよい生活の空間を求めてたくさんある物件の中から吟味し、自分自身が納得のいく棲家を得たいと考えるものです。
 賃貸だから諦めるのではなく、賃貸であれ探せば自分に合う物件は必ずあると信じることです。特に若い層においてはそこの辺のこだわりをしっかりと持った人は多いのではないかと思います。
 個性的な賃貸住宅に住むことで感性は刺激されます。ライフスタイルの向上は更にはステータス向上につながる第一歩となるやもしれません。
 自分の生活基盤を二の次にしていたのでは、せっかくの運気すら下げてしまうことになり兼ねないのです。
 ここからは主だった特徴のある物件の例を抜粋してとりあげてみたいと思います。