Archive for 7月, 2012

Posted on 7月 15th, 2012 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

アトリエ型ワンルームマンション

  山形にある賃貸住宅でおもしろい物件をみつけました。
 制作活動をする人や美大生にとっては、ありがたいのではないかと思われる物件です。
 間取りは一人暮らしを対象としたワンルームなのですが、普通のワンルームマンションとは大きく違う点が存在します。
 どこがどう違いがあるのかというと、床と壁が合板というとってもシンプルな内装にしてあることです。通常ならば壁にはビニールクロスが貼られ、床は木目調のクッションフロアといったような内装仕上げが行われている場合がほとんどですよね。
 なぜ、このようなラフな内装が採用されているかのカギは、先に述べた制作活動をする人や美大生に使いやすいよう考えられているからなのです。
 実はこの物件、内装は自由にアレンジしてよいシステムとなっています。壁を好きな風にペイントしてもOKですし、壁に自作の棚を設置することだってできます。普通じゃ考えられない内装に手を加えるといった行為を許可しているのがこの物件の大きな特色です。
 壁と床が簡素な合板で覆われているだけという理由が理解できましたね。
 アトリエ型賃貸マンションってありそうでない、新しい発想だと感じました。
 たとえば美大生であれば、生活とアトリエが一体化していることで、大学のアトリエだけでは制作時間に限りを感じている場合など、合理的で便利に使える部屋となります。
 感性を大切にするクリエイターにとって自由にアレンジ可能な部屋は、自分流に作りあげていく楽しみがあり、創作意欲が触発されることでしょう。
 このような自由度の高い物件は若者層に人気がでそうな気がします。また退去後も床と壁を合板にするだけなので低コストで原状に戻すことができます。貸し手側にとっても無駄が省けてよいのではないかと思います。