Archive for 10月, 2014

Posted on 10月 28th, 2014 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

洗濯物を干すスペース

洗濯は日々行う家事の一つです。
それだけにいかにスムーズに負担を感じることなく行うことができるかというのがポイントになってきます。
この洗濯物干し場に頭を悩ませている人は多いです。
また梅雨時期や悪天候時の室内用干場を確保していなかったことでリビングに洗濯物を干し、リビングの雰囲気を台無しにしている家庭も多いと思います。
多くの人が一階の洗面脱衣所に洗濯機を置くと思います。
外用洗濯物干し場、また室内用洗濯物干し場を二階に設けるよりは一階の洗面脱衣所や庭に設けた方が動線を短くでき、スムーズに行えると思いませんか。
私が現在住んでいる住宅には二階の子ども部屋のベランダが洗濯物干し場です。
一階に洗濯機を置いているので二階まで濡れた洗濯物を持って上がるのは意外と大変です。
できるだけ洗濯機を置いている場所から近い場所に洗濯物を干せるようにしておくことで洗濯への不満を軽減させることができると思います。
私は洗面脱衣所に勝手口を設け裏庭へ洗濯物を干せるようにしたいと思っています。
急な雨でも対応できるように屋根を設けることは絶対です。
そして梅雨時期や大気汚染が気になる日は室内用洗濯物干し場を活用し室内でもしっかり洗濯物が乾く環境を整えておくことが大切です。
洗面脱衣所に室内用洗濯物干し場を設けることで浴室に設けた浴室乾燥機で衣類をしっかり乾かすようにしておくといいのではないでしょうか。
また窓を設け風通しを良くしたり、換気が行えるようにしておくのも大切です。
家事にストレスを感じずスムーズに行える家造りが主婦にとっては最高の家となるのではないでしょうか。

Posted on 10月 1st, 2014 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

家族と繋がるキッチン

我が家は新築住宅購入を検討しています。
私が新築住宅に求めることはキッチンを充実させることです。
私を含め多くの主婦が一日の大半をキッチンで過ごします。
キッチンにいる母親と子ども、そして旦那さんとの繋がりが持てる空間にしたいと思っています。
そのためには対面式のアイランド型キッチンがいいと思います。
対面式にすることでお皿洗いをしながら、料理をしながらリビングやダイニングに居る家族と目を見て会話をすることができます。
家事の時間も一人で黙々とするのでは疎外感や孤独感を抱いてしまうものです。
家族とコミュニケーションを取りながら、楽しくキッチンでの家事を楽しめるようにすることでキッチンで過ごす時間をより好きになることでしょう。
アイランド型の魅力はキッチン・ダイニング・リビングの一体感を高めてくれます。間仕切りが無いので空間をスッキリ見せてくれ開放感に溢れるのです。
視界を遮る間仕切りがないので広々とした印象にさせてくれるのです。
境界線がないことで家族が配膳のお手伝いや、食後お皿を下げたり自主的にお手伝いをしやすい環境にもなると思います。
積極的にお手伝いをしてくれることで家族との繋がりをより強いものにしてくれるのは間違いありません。
片付けや料理があまり好きではない母親もこのキッチンスタイルであれば、キッチンで過ごす時間も楽しくなると思います。
しかし調理の匂いがリビング・ダイニングに広がりやすく、水はねや油汚れも気になる部分です。
目が届きやすいことでキッチンを常にキレイにしておくことが望まれます。
メリット・デメリットを踏まえ自分に合ったキッチンを選びたいものです。