Archive for 7月, 2015

Posted on 7月 30th, 2015 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

スキップフロアのあるリビング

リビングに階段を二・三段上がって広がるスキップフロアは多目的で使用できる特別な空間です。リビングにこのような特別な空間があるとリビングで過ごす時間がより充実したものになると思います。
このスキップフロアはリビングの一角ですが二・三段高さがあることで個室のような感覚で空間を利用することもできます。またリビングとの繋がりを十分感じられるので互いに安心感を得ることもできます。ママ友が遊びに来た時は子ども達をこのスキップフロアで遊ばせれば、ママ達はゆっくりお茶を楽しめ話に花を咲かせることができるでしょう。また子ども達も子どもだけで遊べる空間があれば集中して遊ぶことができるのです。子どもの遊び場として使用しない場合はパソコンルームとして活用するのもいいでしょう。私は家事の合間にパソコンを使って仕事をすることもありますし、趣味のネットショッピングをすることも多々あります。誰にも邪魔されることなくパソコンができるスペースがあればパソコンをする時間も充実できるでしょう。
このスペースを多目的で使用できるようにするにはカウンターと収納スペースを設けておくといいと思います。カウンターがあればパソコンをする際にも、子ども達がお絵かきをする際にも、また成長して勉強をする際にも便利です。おもちゃやパソコン関連用品などを収納しておけるスペースがあれば空間を効率よく使用できます。スキップフロアがあるだけで特別なリビングのような気がします。リビングにいる家族と繋がりを感じながら時には個室のような感覚で過ごせるスキップフロアは楽しそうなリビングになりそうです。

Posted on 7月 1st, 2015 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

リビング階段

リビング階段を取り入れる家庭が最近では非常に増えてきました。以前は玄関の近くに階段を設けるスタイルが多かったですが、最近はリビングの中に階段を設けたり、リビングに面して階段を設けるリビング階段が人気となっています。
リビング階段が人気を高めている理由の一つに、家族がコミュニケーションを取りやすい家になることが挙げられます。子どもが小さい間はリビングで一緒に時間を過ごすのが当たり前ですが、中学生頃になると自分の部屋で過ごす時間も増えてきます。
次第に親と会話をすることも顔を合わせることさえも嫌がる時期もやってきます。このような時期、リビング階段でなければ、子どもがいつ帰宅したのか分からない、またいつの間には外出していたという状況になっていることもあり得るのです。その点、リビング階段であれば家族のいるリビングを必ず通らなければ二階の自分の部屋には行けないので、家族が顔を合わせる機会が自然と増えます。
顔を合わせることで親は子どもの表情を伺え、変化にも気づいてあげられやすくなります。コミュニケーションも生まれやすく、家族関係も良好に保てるのです。リビング階段にすることで子どもの犯罪率を下げているという結果が出ているほどです。リビング階段にすることで家族の大切さを改めて感じることができるのです。家族の繋がりを大事にできるリビング階段を取り入れる家庭が増えているのです。
リビング階段で一つ心配な点は、二階の冷気が階段を伝ってリビングに流れ込むということです。これは住宅自体の断熱性と大きく関わってくるので、リビング階段にする時は住宅の断熱性も同時に確認しておきましょう。