Archive for 8月, 2015

Posted on 8月 25th, 2015 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

住宅の快適は窓が重要

夏は涼しく冬暖かい家というのは誰もが住宅に求めることではないでしょうか。このような家を実現できることで冷暖房に頼らずエコな暮らしが送れるようにもなるのです。そこで多くの人が注目するのが住宅の断熱性です。使用する断熱材の素材や断熱工法に目が向くのです。
確かに住宅の断熱性も大事なのですが、それに加えて窓にも注目すべきなのです。
まず冬の暖房使用時、熱が開口部から流出する割合は屋根5%、床7%、換気・外壁15%、そして窓はなんと58%です。夏の冷房使用時、熱が開口部から入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、そして窓からは73%なのです。
この数字を見ても窓の重要性は言うまでもないのです。夏も冬も開口部を通して大量の熱が出入りするのです。窓の断熱性を重視して窓を選択した方がいいのです。そこで我が家はLow-E複層ガラスを取り入れました。
二枚の板ガラスの間に乾燥空気を入れ、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。この特殊金属膜が太陽光線のなかで、可視光線を最大限に透過させ、赤外線や紫外線を大幅にカットしてくれるのです。夏は太陽の日差しを大きく反射してくれるので、冷房効果を高めることができ、冬は高断熱性能を発揮するため室内の熱を室外に逃しにくくしてくれます。暖房の効果の向上に繋がるのです。
これで冷暖房効率を高められ光熱費を大きく削減してくれるのです。夏は涼しく冬暖かい家を実現できるのです。それだけでなく、しみやそばかす、家具やカーテンの色あせの一因となっている紫外線を大幅にカットしてくれるのです。住宅の快適は窓の存在が非常に大きく関わっていることを忘れてはいけないのです。