Archive for 12月, 2015

Posted on 12月 16th, 2015 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

1ルーム2ドア

我が家の子ども部屋は1ルーム2ドアを採用しました。これは子どもの成長に合わせて子ども部屋をアレンジできるので、子ども達にとって過ごしやすい空間が広がるのです。我が家の子ども達は4歳と2歳でまだまだ個室は必要ありません。子ども部屋を広々ワンルームにしておくことで、子ども達がのびのびと走り回って遊べる子ども部屋を与えてあげることができます。このような空間があるとお友達が遊びに来た時も重宝します。
そして小学生頃になると一人でこもって勉強をするというよりも、兄弟姉妹で共に勉強するというスタイルが多いです。子ども部屋がワンルームで区切られていないことで、共に遊べて、共に勉強する空間が広がるのです。中学生頃になると一人で過ごす時間がほしくなってくるものです。その時にすぐにワンルームを二つの空間に区切れるように予め環境を整えておくのです。出入りするドアをはじめ、窓やクローゼット、照明にコンセントなど二部屋分最初から設けておくことで、個室を必要とした時にはすぐに空間を区切ることができるのです。
壁で空間を区切るのもいいのですが、可動間仕切り収納で空間を二つに分けるのもいいと思います。ワンルームから個室になると急に部屋が狭くなったという印象を得ると思います。このような状況で物が片付けられないとなると狭い空間に物が散らかり、勉強への集中力もゆっくり休むこともできません。間仕切りに収納機能が備わっていることで物が片付けられ快適な空間が広がるのです。
また子ども達が成長するといずれ家を巣立っていきます。そうなると二つに分けた子ども部屋が必要なくなります。このようになった時もこの可動間仕切り収納であれば空間を自由にアレンジできるので、また広々ワンルームに戻すこともできますし、趣味の部屋と子ども達が帰省した時の部屋という風に空間を利用することもできるのです。1ルーム2ドアをぜひ取り入れてみてほしいと思います。