Archive for 10月, 2017

Posted on 10月 11th, 2017 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

片付く間取り ダイニング

ライフスタイルの変化に伴い、ダイニングテーブルを食事以外に使う事も増えています。子供が小さいときはお絵描きや折り紙、小学生になると宿題や習い事をします。大人はパソコンや読書など趣味のこと、手紙や書類の読み書きなどもします。
これ等をするときは、それぞれの物が必要で、ダイニングの近くに使用する物を収納する場所があると便利です。すぐに片付けられるので、食事の準備もスムーズに行えるでしょう。
★カウンターの下に収納を作る場合
入れる物によって、奥行きを決めます。奥行きが20cm以下の収納では、物が入らないケースが多いです。奥行きのサイズが内寸で25cm以上あればA4の雑誌等も入ります。カウンターの高さ95cm、奥行き30cm、幅260cmくらいの収納にすれば、かなり日用品が入ります。収納扉のサイズは、開けやすいように小さくしましょう。文具などの小物には引出しが便利です。仕切り棚は可動棚にします。また散らかった物をちょっと仮置きするスペースを空けておくと、食事の準備が楽にできます。
収納とダイニングテーブルの間は、35cmは空けるようにします。
★ダイニングの壁に収納を造る場合
キッチンのパントリーや冷蔵庫などに続けて、ダイニングの壁に、奥行き45cm、幅240cm、高さ240cmほどの収納を造ると、ファックス、パソコン、パソコン周辺機器もまとめて収納できます。キッチンから一直線に収納が並び、スッキリしたレイアウトです。家族がダイニングに集まる事が多く、物が多い家庭向きです。カウンター下収納と同様、引き出しを付け、可動棚にし、扉は小さくしましょう。
収納とダイニングテーブルの椅子の背との間は、35cmはとります。