スタディコーナー

子ども達が勉強する場所は、リビングやダイニングという家庭が多いです。二階に設けた子ども部屋で勉強するようになるのは、高校性くらいからという子どもも多いようです。リビングやダイニングで勉強することをリビング学習と呼び、このリビング学習は子どもの学力を向上していると言われています。それは、親が近くにいることで安心して勉強に集中できること、そして分からないところや質問したいところがあれば親にすぐに質問できるため勉強をスムーズに進められるのです。

これは子どもにとってだけ魅力があるわけではないのです。親にとっても目の届く場所で勉強していることで、勉強姿を確認でき安心できます。宿題のチェックも夕飯の支度をしながら行えるので効率もいいのです。子どもの学力を向上すると言われているリビング学習だけに、リビングやダイニングの一角を利用してしっかりとスタディコーナーを設けてあげましょう。

スタディコーナーがないとダイニングテーブルで勉強したり、リビングのローテーブルで行うようになります。ダイニングテーブルだと、食事の度に片付けなくてはいけないですし、食事をするテーブルの上に消しゴムのカスが散らかるのは衛生的によくありません。リビングのローテーブルだと姿勢を悪くして、勉強への集中力も掛けてしまいます。スタディコーナーを設ける場合には、子ども達が二人並んでもゆったりできる広さや、カウンター下部や上部に勉強道具を一時置きできるスペースを設けておくといいでしょう。

Tags:

Comments are closed.