スタディーコーナー

子ども達が勉強するスペースは、二階に設けてある子ども部屋ではなく家族が身近にいるリビングやダイニングです。そこで最近では子ども部屋に立派な学習机を設けるのではなく、リビングやダイニングの一角にスタディーコーナーをしっかりと設けておく家庭が増えているのです。

しっかりとスタディーコーナーを設けていないと、食事をするダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強をしなければならず、生活のメリハリが損なわれてしまうだけでなく、姿勢を悪くして勉強への集中力を欠いてしまったり、明るさ不足から視力の低下を導いてしまうことにもなりかねません。リビング学習は子ども達の学力を向上するとも言われているだけに、しっかりとスタディーコーナーを設けて勉強がしやすい環境を整えておきたいものです。

スタディーコーナーを設ける際には、まずカウンターの広さや奥行に注意しましょう。子どもが複数いる家庭が多いため、子どもが2,3人並んで勉強ができる横幅があると便利ですし、親子で並んで宿題のチェックもしやすいのです。奥行もしっかりと確保しておくことで教材を広げて勉強がしやすくなります。そして、カウンターの下や上部には教材や勉強道具をきちんと整理できる収納スペース設けておきましょう。

カウンター周りにこれらをきちんと整理することで勉強がスムーズに行いやすく、勉強しない時はカウンターの上をスッキリと片付けることができるため生活感を感じさせません。カウンターの上をきれいに片づけられることで、勉強をしない時は別の用途としても利用できるのです。パパのパソコンスペースやママの裁縫スペースとしても利用できます。コンセントや照明など配線計画もしっかりと行うことも忘れてはいけません。

Tags:

Comments are closed.