連帯保証人

アパートやマンションなどの賃貸物件を借りるときに「連帯保証人」が必要になります。
連帯保証人とは入居者が不動産会社または賃貸物件の大家さんに対して賃貸料の未払いや部屋の設備を壊してしまったなどの損害が発生した場合に、
入居者本人が返済できない場合に変わりに確実に返済ができる人を立てたなければいけません。
連帯保証人になれるのは基本的に両親や兄弟姉妹で、友人や知人は連帯保証にとして認めてもらえない場合があるので気をつけなければいけません。
また連帯保証人になる人は返済能力があることが必須となるためたとえ親兄弟であっても返済能力がないと判断されれば連帯保証人になれない場合もあります。
また賃貸物件への申し込み・契約時に入居者以外にも連帯保証人に関する書類が必要となります。
印鑑証明・収入証明などです。不動産会社や賃貸物件によっても必要なモノが異なるので、
仲介する不動産会社に必要な物が何かということといつまでに用意しなければいけないのかを確認しておきましょう。
しかし、人によっては連帯保証人になってもらえる親族もいないという方もいらっしゃると思います。。
最近では連帯保証人を立てなくても賃貸保証会社が保証人の代わりになる場合や、クレジットカード会社の審査を受け、
毎月クレジットカード会社に賃貸料と家賃の数パーセントを支払うことで連帯保証人不要のシステムを導入している不動産会社や賃貸物件の場合もあります。
連帯保証人について不安がある方は不動産会社に確認をしておきましょう。

Tags: ,

Comments are closed.