Posts Tagged ‘収納’

Posted on 10月 12th, 2018 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

リビング階段下の収納

リビングの階段下に作った扉付きの収納が、空間が大きすぎて使いきれていない場合を改善します。
奥行きが深く、子どものおもちゃを収納していますが、手前に物を置いて、すぐにごちゃごちゃになってしまいます。空間の高さも上手に使えていません。奥には背が高い細長い収納ケースがありますが、あまり利用されていません。
まず空間のサイズを測ってみましょう。高さ90cm、奥行き80cmで、幅は奥が70cmありますが、扉があるので、蝶番の内側からは62センチです。
ここにキャスター付きのチェストを入れます。キャスターを入れた高さは67cmで、幅44cm、奥行き74cmです。引き出しの内寸は、高さ17cm、幅35cm、奥行き69cmなので、これにあわせたインナーボックスに種類ごとに入れれば、小さいおもちゃもきれいに収納できます。チェストの上の空間には、高さ13cmほどの浅いバスケットに、よく使う毛玉取りやコロコロなどを入れて乗せれば、縦の空間はほとんど有効に活用できます。
チェストの横の空間には、あまり活用されていなかった手持ちの収納ケースに、救急グッズやマスクなどを入れて利用します。
キャスターが付いたチェストは、掃除の時は簡単に引き出せ、インナーボックスに入れたおもちゃは、ボックスごとリビングに持って行って遊べ、仕舞うのも簡単です。
扉付きの収納の上のオープンな空間は、入りきらないおもちゃなどが置かれていましたが、チェストに全て収納できたので、アロマスティックや、小さな緑などを置くおしゃれな空間に変身しました。
チェストは、子どもが大きくなった場合には、他の用途にも使えるので、無駄になることはありません。

Posted on 1月 29th, 2018 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

ファミリークローゼット

私が新居で一番設けて良かったと感じているのが、家族の衣類を一か所で管理することができるファミリークローゼットです。このファミリークローゼットは生活の中心となる一階の洗面室の隣に設けました。これを設けたことで、家事の効率が高められていますし、家族にとっても着替えがスムーズに行えるようになり身支度のしやすさが高まっています。
今まではクローゼットが別々だったため、たたんだ洗濯物をしまう際に住宅内を行ったり来たりして無駄な動きも多かったです。しかし、衣類を一か所で管理できることでたたむ→しまうという作業が効率よく行えています。洗面室の横に設けたのも大正解です。洗面室は脱衣室としても利用するため、ここにファミリークローゼットがあることで入浴時の事前準備もタオルの補充も楽に行えます。
また、洗面室ではお化粧やヘアセットなど身支度を行います。その洗面室の隣に衣類まで管理されていれば、朝二階から降りてきて一階で全て身支度を終えることができるため便利ですし、朝のバタバタの解消にも繋がります。ここにファミリークローゼットを設けたことで、主人や子ども達も自分の服を取り出し、着替え、洗濯物は洗濯カゴへ入れるという習慣が自然と身に付いてきています。これは動線のスムーズさと身近な空間に衣類を管理しているからです。このような習慣が身に付いたことで私の仕事も軽減しているのです。
洗面室からの動線と玄関ホールからも行き来ができるように動線を確保しました。帰宅時はここで上着をしまい、部屋着に着替え、その隣の洗面室で洗濯物をかごに入れ、手洗いを行うことができます。スムーズな動線のおかげで室内に衣類が散らかることも減っているのです。

Posted on 12月 20th, 2017 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

外部収納も忘れずに

家造りを行う際、収納に注目する人が大部分です。しかし、この収納とは室内収納ばかりで屋外で使用する外部収納は忘れられがちです。屋外で使用する物で室内に収納しておくことができないものも意外と多いです。
しっかりと外部収納においても計画することを忘れないようにしましょう。生活し始めて外部収納の必要性を感じ、カーポートや庭に物置を設置する家庭が多いです。物置を設置するとスペースを占領しますし、一気に住宅の外観が生活感を与えてしまいます。そこで階段の下に生まれたデッドスペースを利用して外部収納を設けました。
私が住んでいる地域は、冬の寒さが厳しいため雪かきスコップやスタッドレスタイヤは欠かせません。そこでこれらをきちんと収納できるスペースをしっかりと計画しました。バーベキューをするのが大好きな主人なので、これらの用品を収納しておくスペースも必須でした。住宅内に生まれたデッドスペースを利用したため住宅の外観を損なうことなく外部収納を確保することができました。
ここに収納する物は外で使用するものばかりなので、外から物の出し入れができるように扉を設けていますし、ここに収納している物を車に積んだり、車から荷物を下ろしてここの外部収納に収納させることもあるため、外部収納とカーポートの動線にも配慮しました。庭やカーポートのスペースを狭めることなく、また住宅の外観を損なうこともないこの外部収納を設けて良かったと生活し始めて実感しています。

Posted on 10月 11th, 2017 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

片付く間取り ダイニング

ライフスタイルの変化に伴い、ダイニングテーブルを食事以外に使う事も増えています。子供が小さいときはお絵描きや折り紙、小学生になると宿題や習い事をします。大人はパソコンや読書など趣味のこと、手紙や書類の読み書きなどもします。
これ等をするときは、それぞれの物が必要で、ダイニングの近くに使用する物を収納する場所があると便利です。すぐに片付けられるので、食事の準備もスムーズに行えるでしょう。
★カウンターの下に収納を作る場合
入れる物によって、奥行きを決めます。奥行きが20cm以下の収納では、物が入らないケースが多いです。奥行きのサイズが内寸で25cm以上あればA4の雑誌等も入ります。カウンターの高さ95cm、奥行き30cm、幅260cmくらいの収納にすれば、かなり日用品が入ります。収納扉のサイズは、開けやすいように小さくしましょう。文具などの小物には引出しが便利です。仕切り棚は可動棚にします。また散らかった物をちょっと仮置きするスペースを空けておくと、食事の準備が楽にできます。
収納とダイニングテーブルの間は、35cmは空けるようにします。
★ダイニングの壁に収納を造る場合
キッチンのパントリーや冷蔵庫などに続けて、ダイニングの壁に、奥行き45cm、幅240cm、高さ240cmほどの収納を造ると、ファックス、パソコン、パソコン周辺機器もまとめて収納できます。キッチンから一直線に収納が並び、スッキリしたレイアウトです。家族がダイニングに集まる事が多く、物が多い家庭向きです。カウンター下収納と同様、引き出しを付け、可動棚にし、扉は小さくしましょう。
収納とダイニングテーブルの椅子の背との間は、35cmはとります。

Posted on 6月 22nd, 2016 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

リビング収納

家造りを行うほとんどの人が収納に注目すると思います。玄関横にはシューズクローク、キッチンにはパントリー、洗面室には洗面クローゼット、寝室にはウォークインクローゼットと各所に収納スペースを確保している家庭が多いです。意外と見落としがちなのがリビング収納です。
リビングは家族が長時間過ごします。それだけに物が集まる場所でもあるのです。その場所に収納スペースを確保しないと、くつろぐはずのリビングが台無しになってしまうのです。我が家はリビングの背面に収納庫を配置しました。この収納庫は室内から見えない収納スペースとなっているので、見せたくない日用品や、生活感を感じさせる掃除機などスッキリと片付得ることができます。
壁一面に造りつけられた棚が、リビングに集まる物をきちんと整理整頓できるのです。リビングに散らかりやすいものは、子どものおもちゃ。そして外出先で着ていた上着や持ち歩いたカバン。そして子ども達のランドセルや幼稚園カバンなどです。そこでポールを上下2段に設けて大人用と子ども用のコートクロークも完備しました。着ていた上着を一時置きできれば、ソファの上に上着が置きっぱなしになるのを防ぐことができます。オープン棚には子どものおもちゃやランドセル、カバンなどを収納でき、どこに何があるかが一目で把握できるので、物も取り出しやすさも高まります。天井にまで広がるので収納力は抜群です。
一番の魅力は、リビングからこの中に収納している物が見えないことではないでしょうか。来客者からも見られることはないですし、必要な物は近くに取り揃えられているので便利さも高まります。リビング収納こそ忘れてはいけないのです。

Posted on 1月 6th, 2016 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

ウォークスルークローゼット

私の友人宅には家族の衣類を一か所で管理できるファミリークローゼットが設けられていました。そのファミリークローゼットは寝室と子ども部屋を繋ぐようにウォークスルー型のクローゼットです。寝室からも、子ども部屋からも、そして廊下からも行き来ができるクローゼットは使いやすいようです。家族共有の持ち物を一か所で管理できるだけでなく、個々のクローゼットを設ける必要がないので、スペースの節約にも繋がっているのです。兄弟姉妹で服を共有したり、親子で共有したりすることもあります。このような場合このウォークスルー型のファミリークローゼットは便利なのです。
我が家にもウォークスルー型の収納を設けました。それは家事動線で重要なキッチンと洗面室を繋ぐ形で設けました。通路の片側はキッチンパントリーとして、食品や電化製品を収納しています。またもう片側にはタオル類をはじめ、家族の下着やパジャマが収納されています。動線に沿って設けられた収納スペースは家事の効率を高めてくれます。次に行くスペースで使用する物をサッと取り出し行き来ができるので行ったり来たりという無駄な動きも省けるのです。
住宅において収納への不満は常に上位を占めます。ただ大容量に収納できるスペースがあるだけでは満足できません。適材適所に必要な物をきちんと整理できる収納スペースでありながら、動線に沿った収納であることが大事なのです。ウォークスルー型の収納は暮らしやすい家となっています。

Posted on 6月 12th, 2015 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

介護を考えた部屋づくり

二世帯住宅を新築する時、親世帯は元気で、家事も子育ても積極的に協力してくれることが多いです。そんな親世帯も高齢になり、介護が必要になってくることもあります。介護が必要になると、今まで、親世帯のプライベート空間だった部屋も介護室となり、配偶者だけでなく、息子や娘や嫁などが出入りするようになります。
私の父親が住まいを新築した時、祖母は65才で、まだまだ元気でした。祖父こそ亡くしていましたが、親戚の人や近所の人が気軽に訪ねて来ていましたし、自分自身も習い事や買い物によく外出していました。そんな元気な祖母でしたが、82才の時に介助が必要になりました。
もともとそんなに広い部屋ではありませんでしたが、立ち上がりやすいように、ベッドを置くことにしました。ベッドを置くと、どうしても、今まで以上に狭く感じられます。トイレや食事など、母親の介助と杖を頼りに、できるだけ、自分の足で歩いて、行くように、頑張っていますので、ベッド以外には、あまりものを置かないようにして、つまずいたり、転倒したりするのを防ぎたいと思いました。
しかし、紙おむつや着替えの下着や着替えなどが多く必要になりました。こんな時、腰高の収納を作り付けておけば、よかったと思いました。壁面に作り付けると、でっぱりもありませんから、つまずくこともありません。部屋が狭い場合、収納というと、集中収納を考えてしまいますが、生活をすると、どうしても、こまごまとしたものがありますので、室内にも収納を考えておくことが大切です。
特に、高齢になると、できるだけ、室内を片づけて、転倒しないように、心掛けないといけません。プライベートルームは介護室にもなっていきます。住まいの中をいくらバリアフリーにしても、モノが溢れていたのでは本末転倒です。室内の収納も考えればよかったと思っています。

Posted on 5月 24th, 2015 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

ゆったりとくつろげ、便利でもあるリビングスペース

最近、住まいの中で大きく変化したのが、和室が少なくなったか、あるいは、全くなくなったかです。床をフローリンにすることで、掃除がしやすく、防音性や湿度調節機能もあり、バリアフリーにすることで、高齢になっても、生活しやすい環境を作ることができます。しかし、畳を敷いた和室というのは、日本人にはくつろぎを与えてくれます。最近は、LDKの一角を間仕切りして、和の空間を作ることもあります。
私の友人が住まいを新築した時、床はフローリングにしたいと考えていました。しかし、フローリングのリビングスペースの隣に、段差なく、琉球風畳を敷いた和室を作りました。
そういう意味では、リビングスペースがかなり広くなりました。どうしても、ゆったりとしたスペースを作りたいと思いましたし、ちょうど双子の息子たちが生まれたばかりでしたので、目の届くところに寝かせておくこともできます。
ただ、広さを確保することはできましたが、そのため、納戸を作ることができませんでした。今思えば、和室部分の床を少し上げて、掘り炬燵を作ればよかったと思いました。冬にはここに炬燵をすることができますし、お鍋をしたりすることもできますから、ゆったりとくつろぐことができます。それだけではなく、床下を利用して、収納をつくることができます。
リビングスペースを広く取りたいという思いで、和のスペースを作り、段差もなくしていました。広々とした印象ですが、どうしても、収納が少なくなってしまいました。生活を始めると、やはり、収納が少ないことで、不便なことが多くなってしまいました。
リビングスペースには広さを確保することも大切ですが、収納を考えて、すっきりさせることも大切だとわかりました。和の空間を作るにしても、床下収納などを組み合わせればよかったです。

Posted on 3月 9th, 2015 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

土間収納

最近では玄関スペースよりもその隣に設けるシューズクロークや土間収納を充実させる人が増えてきました。
玄関スペースに靴箱など設けないことで広さがなくても、物を隣のシューズクロークや土間収納を活用して収納することで、物が散らからずスッキリとした玄関にすることができるのです。
シューズクロークは天井にまで広がるオープン棚に家族みんなの靴を大容量に収納します。どこにどの靴があるかが一目で分かり出し入れのしやすい靴入れになると思います。
併せて土間収納も充実させておきたいものです。
我が家は庭でバーベキューをしたりするのが大好きです。
また子ども達のスポーツ用品や旦那さんの趣味のゴルフ用品と収納する場所に困る物が多いです。
新築住宅ではこれらをきちんと収納できる土間収納を確保する予定です。
バーベキュー用品などは外に置きっぱなしにしておくことはできませんし、子どもの遊び道具やスポーツ用品は玄関部分に置きっぱなしなっているので玄関がごちゃごちゃして見えます。
またゴルフ用品は重さがあるので室内に持って入ったり、外に出したりと面倒です。
これらをきちんと土間収納にしまうことで使う時はサッと取り出しスムーズに持ち運びができるようになります。
このような土間収納があると便利なのです。
そしてシューズクロークはただ靴や傘だけをしまう場所にしてしまっては使いやすさや便利さを高めることはできません。
今の時期決まった上着をよく着て出かけませんか。
着ていた上着をソファに置きっぱなしにしていませんか。
これらの対策としてシューズクローク内に上着などをサッと一時置きできるようにしまえるスペースも確保しておくと便利です。
玄関隣の収納に注目すると快適性が高まりそうです。

Posted on 1月 20th, 2015 by kouze  |  コメントは受け付けていません。

使いやすいウォークインクローゼット

私が今住んでいる戸建ての賃貸住宅にはウォークインクローゼットはありません。
近々新築住宅を建てる予定なのですが、その住宅には寝室に約3畳分の広さのあるウォークインクローゼットを設ける予定です。
せっかく3畳の広さのあるウォークインクローゼットを使い勝手のいい収納スペースとするためには工夫も必要になってくると思います。
我々夫婦はできるだけ衣類をハンガーに掛けて収納したいと考えています。
たたんで収納することで衣類にシワが入ります。
また洗濯物をたたむという手間も省けるのです。
一面はパイプを上下二段設け、他の一面の上部にポールを設けて掛けて収納できるスペースを広く確保しようと思います。
下の部分には現在使用している引き出し収納を使い、今まで通りたたんで収納するものを入れておこうと思います。
ウォークインクローゼットには衣類だけを収納するわけではありません。
帽子やカバン、大きなキャリーケースまで収納しておきたいものです。
床から天井までポールや引き出し収納、また棚を活用し上手に空間を使い、使用頻度の低い物は天井近くの高い部分に収納したり工夫をしましょう。
またクローゼット内でトータルコーディネートができるようにクローゼット内に全身鏡を設けておくのもいいでしょう。
アクセサリーやベルト、ネクタイなど長さのあるものも収納します。
どこに何があるか一目で分かるようにきれいに陳列して収納しておくといいでしょう。
ウォークインクローゼットは一見広くてたくさんの収納量のように感じますが、歩くスペースが必要なためその分収納スペースは減ってしまうことを考え広さを決めた方がいいでしょう。